0南 萬芳社區-信義永康街口 1 華江-吳興街 33 永春高中-大直美麗華 52 東園-公館 53 東湖-西松高中 66 慈光社區-新店 108 陽明山遊園公車 109 萬芳社區-陽明山 110 東湖-陽明山 111 新莊-陽明山 120 台北車站-動物園 121 公館-動物園 122 捷運中山國中站-捷運動物園站 126 台北車站-第二停車場 127 捷運圓山站-第二停車場 128 陽明山-捷運石牌站 129 陽明山-捷運石牌站 130 第二停車場-陽明書屋 130區 陽明山總站-花鐘 131 第二停車場-竹子湖 132龍舟公車 大佳河濱公園-捷運忠孝復興站 203 北峰里-天母 205 中華技術學院-東園 212 舊莊-青年公園 212區 舊莊-捷運昆陽站 212直 舊莊-青年公園 220 天母-衡陽路 222 內湖-衡陽路 223 關渡-青年公園 224 天母-捷運石牌站 226 三重-吳興街 230 捷運北投站-陽明山 236 東南技術学院-台北車站 236區 東南科大-公館 237 捷運動物園-金甌女中 251 東南科大-台北車站 252 木柵站-台北車站 253 景美女中-台北車站 254 大鵬新城-民生社區 254區 大鵬新城-公館 256 大直-南松山 260花鐘 陽明山花鐘-台北車站 262 德霖技術學院-民生社區 267副 東湖-士林法院 275 三峽-松山機場 278 捷運景美站-團管區 278區 捷運景美站-民生社區 279 天母-南港國宅 280 天母-公館 282 動物園-圓環 284 汐止社后-景美 284直 汐止社后-景美 285 麟光新村-榮總 290 大鵬新城-榮總 290副 興隆站-溪園路 292副 二重-麟光站 294 動物園-仁愛國中 295 動物園-台北車站 298 萬芳社區-行天宮
該当レコード : 59件

 <<上一頁 1 2 3 4 5 6 下一頁>>
226 三重-吳興街
バス写真
表示区間 : 三重-吳興街
実運行区間 : 三重站-吳興街
運行距離
(起点-終点-起点)
: 33.8 km
運行会社 : 首都客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : (往程)成淵高中-光華商場 (返程)光華商場-民權承德路口
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : A-C
乗車済区間 : 馬偕醫院→光華商場
 
撮影日 : 2007.12.9 光華商場
この路線のポイント
 
コメント
三重市から台北橋経由で吳興街に至る路線。面白味という点ではかなり物足りないが、捷運のない地域にうまく設定された路線で本数も多く、使い勝手がよい。
光華商場が緩衝區に含まれ、路線のどこから乗っても一段料金で行けるのでPCパーツの買い出しに便利。
ただしこの緩衝區はやや微妙で、同じ地域を走り同じく首都客運の運行である292路などに比べて1つ短く、吳興街方面から市界ぎりぎりまで乗ってしまうと二段料金になるので注意。

車両は少々世代が古いタイプと新車が半々くらいで使われている。
>ページトップへ戻る
230 捷運北投站-陽明山
バス写真
表示区間 : 捷運北投站-陽明山
実運行区間 : 捷運北投站-陽明山
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 大南汽車
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : B-D
乗車済区間 : 捷運北投站-陽明山
 
撮影日 : 2009.2.14 陽明山
この路線のポイント
こっそり観光にお役立ち
 
コメント
北投から陽投公路を経由して陽明山に至る路線。沿線には新北投温泉・文物館・展望台などがあり観光やハイキングの足として使える路線。深夜以外は30分ごとの運行でそこそこの本数が確保されている。

車両は大型車・マイクロバス両方とも使われているが、休日日中にマイクロバスが来るとハイカーでぎっしりだったりするので可能な限り手前から乗るようにすると良い。
>ページトップへ戻る
236 東南技術学院-台北車站
バス写真
表示区間 : 東南技術学院-台北車站
実運行区間 : 台新工廠-台北車站(開封)
運行距離
(起点-終点-起点)
: 40.2 km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 武功國小-捷運公館站
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : A-D
乗車済区間 : 台新工廠-台北車站(開封)
 
撮影日 : 2004.8.7 興隆國小
この路線のポイント
 
コメント
政治大學生おなじみの路線、236路の全区間車です。深坑站から政大・公館を経由して捷運淡水・新店線に沿って進む形で台北車站まで行き、一方通行で折り返してまた深坑站へ戻ってきます。終着の台北車站停留所はNOVA裏手の開封街にあり、少し駅から遠いのでわかりにくいかもしれません。起点の台新工廠は臭豆腐で有名な深坑老街に近く、歩いていくことができます。
以前は古めの車両が多く走っていましたが、新車導入が進んで色々な車両が混在しています。
>ページトップへ戻る
236區 東南科大-公館
以前の情報があります→
バス写真
表示区間 : 東南科大-公館
実運行区間 : 台新工廠-捷運公館站
(折り返し区間:捷運公館站→温州街口→捷運公館站)
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : A-C
乗車済区間 : 政大-捷運公館站(折り返し区間含む)
 
撮影日 : 2007.10.21 捷運萬芳醫院
この路線のポイント
 
コメント
政治大學生おなじみの路線、236路の区間車。ほぼ南半分の一段分を走る格好になっています。台新工廠-台電大樓間は全区間車と同じですが、台電大樓で別れて区間車のみ通る折り返し運転区間に入り公館へ戻ります。その折り返し区間を乗る乗客は非常に少ないので、政大方面に行く場合はそこから乗ると確実に座れます。また、景明街口以南から台電大樓まで乗る場合は全区間車だと二段料金ですが、区間車だと一段料金なのでお得です。

2007年8月1日、起点の東南技術學院が東南科技大學に転換したのに合わせて7月30日頃からこの表示になりました。
新車導入が進み、回転ドアタイプは姿を消して車両レベルが上がりました。
>ページトップへ戻る
237 捷運動物園-金甌女中
以前の情報があります→
バス写真
バス写真
表示区間 : 捷運動物園-金甌女中
実運行区間 : 捷運動物園-金甌女中
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 捷運萬芳醫院站-復興南路口
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : B-D
乗車済区間 : 政大-愛國東路口
 
撮影日 : 2009.2.8 捷運動物園
(2枚目:2008.7.5 政大)
この路線のポイント
萬壽橋頭-政大の冗長区間
 
コメント
かつて政大生には台北車站へ出る手段として236とセットで語られていた路線。しかしその後路線短縮が行われて金甌女中折り返しとなり、台北車站へは行けなくなった。
特に変な場所を経由することはないが、萬壽橋頭-政大間は冗長経路(片道で同じ区間を往復する)になっており、両方向のバスが同じ停留所に止まるので誤乗に注意。
一応二段票となっているが、短縮後は一段票扱いになっている模様。

車両は「余所で余った車」を適当に使っている雰囲気があり、大型車・マイクロバス・新型・旧型と実に様々で見かけるたびに違う。時には京華城仕様の特別塗装車が使われていることも。
>ページトップへ戻る
251 東南科大-台北車站
以前の情報があります→
バス写真
表示区間 : 東南科大-台北車站
実運行区間 : 台新工廠-台北車站(開封)
運行距離
(起点-終点-起点)
: 40.3 km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : (往)景美國中-捷運公館站 (返)捷運公館站-文山二分局
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : A-D
乗車済区間 : 道南橋-捷運公館站
 
撮影日 : 2008.1.5 捷運公館站
この路線のポイント
 
コメント
236と起点・終点が同じであり、どちらも公館を経由することからしばしば一括りにされる兄弟分の路線。しかし南半分の経路は大きく異なり、互換性はないので注意。
236が捷運萬芳醫院・動物園などを経由するのに対しこちらは捷運景美・木柵などを経由する。

所属も同じ営業所であるが、こちらはどちらかというと影の存在で本数が少な目(台北市のサイトによると236の配車数28に対して251は17)。車両も古いタイプが多く使用されているようだ(一応最新型の配置もある)。
236と同じく公館までの區間車も運行されている。

2007年、起点の東南技術學院が東南科技大學に昇格したのに合わせ表記が変更された。
>ページトップへ戻る
252 木柵站-台北車站
バス写真
表示区間 : 木柵站-台北車站
実運行区間 : 石壁坑-台北車站(重慶)
運行距離
(起点-終点-起点)
: 33.8 km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 滬江中學-捷運公館站
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : B-C
乗車済区間 : 司法新村-台北車站(重慶)
 
撮影日 : 2008.10.2 師大分部
この路線のポイント
意外と独自路線
 
コメント
欣欣客運が運行する木柵地区と台北車站を結ぶ路線の一つ。公館を経由して台北車站へ至る基本は同じだが、木柵-公館は新店経由、公館-台北車站は小南門経由となるなどかなり特徴的な路線。
しかし動物園や古亭を経由しないなどそのマイナーさ故か利用者は少な目で本数は他に比べて少な目になっている。

車両は少々古めのタイプが中心で、一部車両は側面の路線番号表記に他路線では見られない丸ゴシック体が使われている。また一部マイクロバスでの運用もある。
>ページトップへ戻る
253 景美女中-台北車站
バス写真
表示区間 : 景美女中-台北車站
実運行区間 : 遠東世紀-台北車站(忠孝)
運行距離
(起点-終点-起点)
: 28.2 km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 武功國小-景美女中
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : C-D
乗車済区間 : 國泰新村-捷運西門站
 
撮影日 : 2004.8.7 興隆國小
この路線のポイント
安さ
 
コメント
8の字を下から反時計回りに一周するような路線で、行きと帰りの経路がまったく異なるのが特徴。かつて253右を名乗った路線で一方向のみの運行、反対周りは671(かつては253左)という別の路線になっています(若干経路も異なる)。
なぜか往路全線+復路半分(全体の3/4)までが一段目で、残り1/4が二段目という不思議な設定になっています。
よってこの路線で木柵地区から台北車站や西門で行くと一段で行けてしまいます。
>ページトップへ戻る
254 大鵬新城-民生社區
バス写真
表示区間 : 大鵬新城-民生社區
実運行区間 : 大鵬新村-松山機場
運行距離
(起点-終点-起点)
: 43.2 km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : B-D
乗車済区間 : 公館→大鵬新村
 
撮影日 : 2009.8.19 光華商場
この路線のポイント
大安・松山環状線
 
コメント
新店から公館経由で台北市に入り、大安區・松山區を六張犁・國父紀念館・南京東路などを経て反時計回りで一周し公館へ戻り、途中松山機場へも立ち寄る。沿線には人気のあるスポットが多く利用価値は高い。

車両は固定式幕車から最新型まで幅広く、中には元236のノンステップ車も含まれている。
>ページトップへ戻る
254區 大鵬新城-公館
バス写真
表示区間 : 大鵬新城-公館
実運行区間 : 大鵬新村-捷運公館站
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : B-D
乗車済区間 : 大鵬新村-榮總
 
撮影日 : 2009.7.23 承德路上
この路線のポイント
短距離、でも利用率高
 
コメント
254の區間車で南半分(ほとんど台北縣部分)のみを走る。15站程度の短い路線であっという間に運行が終わってしまう印象であるが、この区間の利用率は高く(特に縣市界付近)、存在意義は十分にある。
また短いながら台北・永和・中和・新店の4市を走り景色も割と変化があり楽しめる。

ちなみにこの写真は承德路上で撮影しているが、これは運ちゃんがサービスで特別に設定して撮らせてくれたもの。
>ページトップへ戻る
 <<上一頁 1 2 3 4 5 6 下一頁>>