0南 萬芳社區-信義永康街口 1 華江-吳興街 33 永春高中-大直美麗華 52 東園-公館 53 東湖-西松高中 66 慈光社區-新店 108 陽明山遊園公車 109 萬芳社區-陽明山 110 東湖-陽明山 111 新莊-陽明山 120 台北車站-動物園 121 公館-動物園 122 捷運中山國中站-捷運動物園站 126 台北車站-第二停車場 127 捷運圓山站-第二停車場 128 陽明山-捷運石牌站 129 陽明山-捷運石牌站 130 第二停車場-陽明書屋 130區 陽明山總站-花鐘 131 第二停車場-竹子湖 132龍舟公車 大佳河濱公園-捷運忠孝復興站 203 北峰里-天母 205 中華技術學院-東園 212 舊莊-青年公園 212區 舊莊-捷運昆陽站 212直 舊莊-青年公園 220 天母-衡陽路 222 內湖-衡陽路 223 關渡-青年公園 224 天母-捷運石牌站 226 三重-吳興街 230 捷運北投站-陽明山 236 東南技術学院-台北車站 236區 東南科大-公館 237 捷運動物園-金甌女中 251 東南科大-台北車站 252 木柵站-台北車站 253 景美女中-台北車站 254 大鵬新城-民生社區 254區 大鵬新城-公館 256 大直-南松山 260花鐘 陽明山花鐘-台北車站 262 德霖技術學院-民生社區 267副 東湖-士林法院 275 三峽-松山機場 278 捷運景美站-團管區 278區 捷運景美站-民生社區 279 天母-南港國宅 280 天母-公館 282 動物園-圓環 284 汐止社后-景美 284直 汐止社后-景美 285 麟光新村-榮總 290 大鵬新城-榮總 290副 興隆站-溪園路 292副 二重-麟光站 294 動物園-仁愛國中 295 動物園-台北車站 298 萬芳社區-行天宮
該当レコード : 59件

 <<上一頁 1 2 3 4 5 6 下一頁>>
256 大直-南松山
バス写真
表示区間 : 大直-南松山
実運行区間 : 大直-南松山
運行距離
(起点-終点-起点)
: 29 km
運行会社 : 指南客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : D
乗車済区間 : 自強隧道-松山車站
 
撮影日 : 2007.12.1 大直站
この路線のポイント
 
コメント
大直と松山地区を結ぶ路線の一つ。同様の路線に藍26などがあるが、こちらは金龍寺などを通り東側を大回りしていくのでかなり時間がかかる。また経路も意外と複雑で地元民でないとどこを走っているのかわからなくなることも。
逆に公車迷的には市街地路線の割に楽しめると言うことになる。

平日はほぼ1時間に1本、休日は2時間に1本程度の運行。車両は古いマイクロバスが使われている。
>ページトップへ戻る
260花鐘 陽明山花鐘-台北車站
バス写真
表示区間 : 陽明山花鐘-台北車站
実運行区間 : 陽明山花鐘-台北車站(鄭州)
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 大都會客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 捷運劍潭站-名山里
マイナー度 : A(1日3本以下)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : D
乗車済区間 : 陽明山花鐘-台北車站(鄭州)
 
撮影日 : 2008.4.3 陽明山站
この路線のポイント
密かにレア
 
コメント
260區間車の一部が延長運行されているもの。純粋に區間車の起点側を前にずらして延長した形になっている。
その際路線の延長方向が終点の台北車站とは逆方向のため、バスは總站を出ると一旦花鐘まで走り、花鐘到達後折り返して再度總站脇を通過して台北車站へ向かう。
總站-花鐘を定期運行する唯一の路線でもある。

1日3本と少ないためレジャーには利用しにくく(たまたま帰宅時間が合った行楽客の利用はある)、なぜ運行されているのか少々疑問。売店のおばちゃん通勤用?

本数が少ないながらもしっかり専用幕が用意されているあたりすばらしい。
>ページトップへ戻る
262 德霖技術學院-民生社區
バス写真
表示区間 : 德霖技術學院-民生社區
実運行区間 : 德霖技術學院-莊敬里
運行距離
(起点-終点-起点)
: 55.6 km
運行会社 : 大有巴士
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 台北車站-中和保養廠
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : E
乗車済区間 : 德霖技術學院-捷運景安站
 
撮影日 : 2007.11.25 清水站
この路線のポイント
銀バスにたっぷり乗車
 
コメント
台北市東部の民生社區から遙か土城市の德霖技術學院を結ぶ路線。正線と中和止まりの區間車があり、大都會客運との共同運行であるが正線は大有のみである。
本来中和保養廠と台北車站付近の2カ所に分段點(緩衝區)がある三段票路線であるが、実質的には両者を統合した中和保養廠-台北車站という非常に長い緩衝區を持った二段票路線として運行されている。
(このあたり各文献やサイトによって記述がまちまちであるが、実際に乗車した経験を元に当サイトでは二段票とした)

全車銀バスによる運行であり、全線乗り通すと片道30キロ近い距離でその乗り心地を楽しめるのでマニアにはたまらない。
また一般人には格安で移動できる路線としてメリットがある。
>ページトップへ戻る
267副 東湖-士林法院
バス写真
バス写真
表示区間 : 東湖-士林法院
実運行区間 : 東湖站-職訓中心一
運行距離
(起点-終点-起点)
: 38.5 km
運行会社 : 光華巴士
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 美麗華-外雙溪
マイナー度 : B(2時間に1本程度)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : D-E
乗車済区間 : 東湖-士林法院
 
撮影日 : 2009.3.10 忠誠路附近
(2枚目:2009.7.25 金龍寺)
この路線のポイント
意外と個性派
 
コメント
東湖の外れから金龍寺・大湖・故宮を経由して天母東部を結ぶ路線。副線を名乗ってはいるが、起点・終点とも正線とは異なり、一部経路が一致するだけの実質別路線。
天母棒球場以遠はこの路線のみが走る区間、金龍寺-碧湖國小は冗長区間である。
正線と起点が異なり東湖側に車庫があるのも注目すべき点(よって表記も逆)。
至善路-內湖の利用が比較的多いが、この路線ねらい打ちというより並行する路線と共通利用のようである。

基本的に大型車で運行されることが多いが時折マイクロバスでも使用され、いずれも固定式幕の古いタイプばかり。
>ページトップへ戻る
275 三峽-松山機場
バス写真
表示区間 : 三峽-松山機場
実運行区間 : 三峽站-松山機場
運行距離
(起点-終点-起点)
: 66 km
運行会社 : 台北客運
收票方式 : 三段票收票
分段緩衝區 : 1.媽祖田-大安寮 2.公館
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : B-D
乗車済区間 : 媽祖田-公館
 
撮影日 : 2008.5.11 三峽站
この路線のポイント
最長
 
コメント
片道33キロと聯營公車の中で最長を誇る路線。
三峽から土城・中和を経由して台北市の松山機場に至る路線。その長さ故三段票となっている。
さらに分段點(緩衝區)ぎりぎりの媽祖田-公館を乗ると18.6キロを1段料金で移動でき大変お得。
路線が長いため都心・周辺都市・郊外と景色の変化があって楽しめるが、完全に一般道で快速運転の區間は一切ないので早く移動した場合は面倒でも別の手段を考えた方がよい。

車両は旧来の白色塗装タイプが中心であるが、櫻花車もたまに見かける。
>ページトップへ戻る
278 捷運景美站-團管區
バス写真
バス写真
表示区間 : 捷運景美站-團管區
実運行区間 : 景福街-團管區
運行距離
(起点-終点-起点)
: 49.3 km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 捷運忠孝敦化站-民生東路社區
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : A-C
乗車済区間 : 捷運景美站-團管區
 
撮影日 : 2009.6.25 頂好市場
この路線のポイント
保険屋?
 
コメント
景美から忠孝敦化経由で內湖を結ぶ。內湖側では大回りで一周し、主要地点はほぼすべて行くことができる。
全程車の行き先表示は「團管區」と「大湖公園」の2通りがあるが、中身はどちらも同じである。余談だが英語名称A.F.R.C.を見るとどうしても某保険屋が思い浮かんでしまう。
途中八德路など混雑しやすい区間を通るので通勤ラッシュの時間帯に利用する場合は覚悟が必要。

車両はかなり種類が豊富でリクライニングするハイデッカータイプ、非ハイデッカー高速対応車、一般新型、一般旧型等何でもあり。
>ページトップへ戻る
278區 捷運景美站-民生社區
バス写真
表示区間 : 捷運景美站-民生社區
実運行区間 : 景福街-民生東路社區
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : B-D
乗車済区間 : 捷運景美站-民生國中
 
撮影日 : 2009.7.9 頂好市場
この路線のポイント
普通の區間車
 
コメント
278の純粋な區間車。景美から忠孝敦化経由で全程車の分段緩衝區ぎりぎりである民生社區を結ぶ。278の南半分、特に東區附近は混雑しやすいので存在意義はあると言える。
通勤ラッシュの時間帯に利用する場合は渋滞に巻き込まれる覚悟が必要なのは全程車と一緒。

資料によると車両は全程車と共通運用になっているようであるが、実際はデラックスタイプの運用がほとんど見られないなど全程車より平均1ランク落ちているように感じる。
>ページトップへ戻る
279 天母-南港國宅
バス写真
表示区間 : 天母-南港國宅
実運行区間 : 天母站-南港國宅五
運行距離
(起点-終点-起点)
: 41.6 km
運行会社 : 中興巴士
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 往)銘傳大學-民權松江路口 (返)民權松江路口-台北市立美術館
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : B-D
乗車済区間 : 南港國宅三→南京復興路口
 
撮影日 : 2008.7.1 捷運劍潭站
この路線のポイント
下車地点に注意
 
コメント
天母から南京東路経由で南港國宅に至る路線。光華巴士・中興巴士の聯營となっている。捷運後山埤・昆陽などを通り松山車站方面へのアクセスとしても使えるが、目的地が駅の南寄りでなければ203路を使った方が一段で行けてお得である。
終点の南港國宅は(一)~(五)まであり、あらかじめ確認しておかないと違う場所に着いてしまう(徒歩数分の範囲で固まってはいるのだが)
平日は20~30分に一本あるが、休日は1時間1本になるので要注意。

車両はLEDタイプの新型・固定幕式の古いタイプが混在している。
>ページトップへ戻る
280 天母-公館
バス写真
表示区間 : 天母-公館
実運行区間 : 捷運公館站-職訓中心
運行距離
(起点-終点-起点)
: 31.8 km
運行会社 : 中興巴士
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : (往程)民權中山路口-錦州松江路口 (返程)民權松江路口-民權中山路口
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : E(不好玩)
車両レベル : B-E
乗車済区間 : 捷運公館站-忠孝新生路口
 
撮影日 : 2004.11.6 長安新生路口
この路線のポイント
 
コメント
天母から一旦西へ向かい、承德路を経由して公館に至る路線。
本数が多く、公館から光華商場への足として使える路線。ただし天母側の終点が東の外れで天母廣場や榮總へは行かず、天母方面のアクセスとしてはやや使いにくい路線。
606の1段料金区間より短いのに2段料金で少々納得がいかない。

車両は古いモノから最新型まで様々ですが、どんどん新型に置き換わっているようです。
写真は最古参のタイプ。
>ページトップへ戻る
282 動物園-圓環
バス写真
バス写真
表示区間 : 動物園-圓環
実運行区間 : 象頭埔-圓環
運行距離
(起点-終点-起点)
: 36 km
運行会社 : 指南客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 名門社區-捷運六張犁站
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : A-D
乗車済区間 : 政大-圓環
 
撮影日 : 2008.4.6 南京敦化路口
この路線のポイント
特徴的な新車
 
コメント
動物園から軍功路・基隆路・南京東路経由で圓環に至る路線。政大~六張犁をダイレクトに結び、利用価値が高い。
圓環→動物園方向を運行する場合は下車收票→上車收票を通常とは逆の動きをし、二段票區間を乗車する場合は下車時にまとめて二段分を払うという特徴がある。

車両は古めのものから最新型まで様々。
貓空纜車の開通と前後して投入された写真の最新型は前方の幕で運行區間と交互にゴンドラのイラストが入った表示を出し、かなり目立っている。また車内も前方のシートが横向きで向かい合わせになっているなど特徴的である。
>ページトップへ戻る
 <<上一頁 1 2 3 4 5 6 下一頁>>