601 天母-東園 605 汐止-台北車站 605快速 汐止-台北車站 606 萬芳社區-榮總 611 動物園-松山車站 612 松德站-惇敘高工 620(大有) 中華技術學院-科學教育館 628 德霖學院-中華路 629 汐止-南松山 630 東湖-東園 642 青潭-復興北村 643 錦綉-復興北村 644 青潭-博愛路 646 東湖-榮總 646區 東湖-捷運劍潭站 648紅 錦綉-台北車站 650副 大崎腳-市政府 660 深坑-圓環 666區 捷運景美站-石碇高中 666烏塗窟線 捷運景美站-石碇 666皇帝殿線 捷運景美站-石碇 666華梵大學線 捷運景美站-華梵大學 666華梵大學線(區) 木柵-華梵大學 669 大龍峒-市政府 673 大鵬新城-東園 676 政大-行天宮 679 動物園-金龍寺 701 迴龍-台北 706 三峡-台北 802 三峽-捷運新埔站 807 三峽-熊空 808 瑞芳-侯硐 819 深美橋-捷運七張站 825 瑞芳-金瓜石 826 九號停車場-水湳洞 833紅 三鶯文化假日巴士(鶯歌線) 833藍 三鶯文化假日巴士(三峽線) 836 捷運淡水站-漁人碼頭 839 達觀社區-捷運新店站 846 瑞芳-平溪 889 台灣優浮創意園區-板橋公車站 902 萬芳社區─榮總 907 華江-崇義高中 907加 公館-汐止 908 三峡-捷運景安站 910 三峽-捷運府中站 912 深坑-捷運市政府站 915 捷運景美站-捷運市政府站 916 三峽-捷運永寧站 918 泰山-新店 919 五堵-捷運忠孝復興站 920 林口-板橋 921 三峡-捷運景安站 922 三峡北大社區-捷運永寧站 923 捷運新店站-坪林 926 板橋-三重 930 青潭-板橋
該当レコード : 57件

 1 2 3 4 5 6 下一頁>>
601 天母-東園
バス写真
表示区間 : 天母-東園
実運行区間 : 天母-華中河濱公園
運行距離
(起点-終点-起点)
: 38.2 km
運行会社 : 大都會客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 葫東重慶路口-士林國中
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 天母-小南門
 
撮影日 : 2004.9.28 果菜市場
この路線のポイント
 
コメント
天母から士林夜市そばの文林路、重慶北路を経由して東園に至る路線。
>ページトップへ戻る
605 汐止-台北車站
バス写真
表示区間 : 汐止-台北車站
実運行区間 : 汐止站-重慶南路一段
運行距離
(起点-終点-起点)
: 40 km
運行会社 : 中興巴士
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 玉成國小-饒河街口
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : B-D
乗車済区間 : 汐止車站-玉成國小
 
撮影日 : 2007.10.27 台北車站
この路線のポイント
バリエーション豊富
 
コメント
汐止車站近くにある汐止站を起点に台北車站へ至る路線。末端部では重慶南路・館前路を使って折り返す。
605路は正線の他に副線・新台五線・快速線とバリエーション豊富で、正線は忠孝東→八徳→南港と面白味はないが手堅い路線。

車両は韓国製新型~写真の比較的古い日野車まであり差が激しい。
>ページトップへ戻る
605快速 汐止-台北車站
バス写真
バス写真
表示区間 : 汐止-台北車站
実運行区間 : 汐止站-台北車站(忠孝)
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 中興巴士
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 南京公寓
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : A-C
乗車済区間 : 臨時站-台北車站(忠孝)
 
撮影日 : 2010.3.10 台北車站(忠孝)
この路線のポイント
デラックス車輌、実はあんまり早くない。
 
コメント
4種類のバリエーションがある605路の一つ。途中高速を経由し、他の3路線に比べて短時間で結ぶ、はずであるが高速走行區間がそれほど長くないのと出口付近の渋滞で時間がかかることがあるので思ったより早く着かないことも。平日朝夕のみ数本運行。

車輌は基本的に中距離高速バスと同型のデラックスタイプで668と共通運用。ただし本数が増える時間帯は一般型で運用されることもある。
>ページトップへ戻る
606 萬芳社區-榮總
バス写真
バス写真
表示区間 : 萬芳社區-榮總
実運行区間 : 萬芳社區-保一總隊
運行距離
(起点-終点-起点)
: 43.1 km
運行会社 : 大都會客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 捷運公館站-武功國小
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : B-D
乗車済区間 : 萬芳社區-保一總隊
 
撮影日 : 2007.12.1 萬芳站
この路線のポイント
結構お得
 
コメント
文山區の萬芳社區から北投區の保一總隊(榮總)へ至る路線。かつて武功國小止まりで萬芳社區まで回送されていた路線が延長され、今の形態となった。
その際緩衝區は移されたが、料金は据置かれたのでお得度が上がった。特に公館(武功國小)-天母(保一總隊)は280路で二段料金がかかる距離よりも長い距離を走るのに一段で済むのでかなり利用価値がある。
ただし夕方は渋滞に巻き込まれやすい区間がいくつもあるので注意が必要。

以前は新生公園までの區間車が設定されており、これも一段料金でお得感があったが正線に吸収される形で廃止された。

車両は4枚折戸が特徴のアメ車が主流であるが、ヨーロッパ製ノンステ・韓国車・新型の日本車等色々走っていて車両的には面白い。
アメ車は写真1枚目のものが本来の塗装であるが、2枚目のように新型に準じて屋根も橙色にしたものが登場している。
>ページトップへ戻る
611 動物園-松山車站
バス写真
表示区間 : 動物園-松山車站
実運行区間 : 捷運動物園-松山車站
運行距離
(起点-終点-起点)
: 35 km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 捷運萬芳醫院站-和平高中
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : C-E
乗車済区間 : 捷運動物園-松山車站
 
撮影日 : 2004.9.29 政大
この路線のポイント
 
コメント
木柵地区から松山へ行く唯一の路線。沿線には五分埔・世貿中心・臨江街夜市などがあり、結構使い勝手は良い。
他に似た路線がなく、独立性が高い。競争相手がいないせいか車両は古いものが多い。
起点側一段(動物園-萬芳醫院)は遠回りとなるせいか空いており、ほぼ確実に座れるが二段目は(特に夜の基隆路付近など)かなり混雑することがある。

萬壽橋頭-政大の冗長区間は237と同じで同一停留所に両方向のバスが停車するので誤乗に注意(上車收票か下車收票どちらになっているかで見分けると良い)。
以前区間車が運転されていたが、現在は廃止されている。
>ページトップへ戻る
612 松德站-惇敘高工
バス写真
表示区間 : 松德站-惇敘高工
実運行区間 : 松德站-大同之家
運行距離
(起点-終点-起点)
: 48 km
運行会社 : 東南客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 民權松江路口-銘傳大學
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : C
乗車済区間 : 中強公園-大同之家
 
撮影日 : 2008.3.13 松德站
この路線のポイント
都会から山
 
コメント
信義區の松德站
>ページトップへ戻る
620(大有) 中華技術學院-科學教育館
バス写真
表示区間 : 中華技術學院-科學教育館
実運行区間 : 中華技術學院-科學教育館
運行距離
(起点-終点-起点)
: 38 km
運行会社 : 大有巴士
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 美麗華-外雙溪
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : E
乗車済区間 : 軍人公墓-捷運士林站
 
撮影日 : 2007.12.22 大有巴士中華站
この路線のポイント
銀バス
 
コメント
南港地区の中華技術學院から士林の科學教育館(N.T.S.E.C)を結ぶ路線。ガイドブックなどでは光華巴士単独の運営と記載されているが、実際は大有巴士との聯營が継続されている。
両者の走行する経路は同一であるが、お互い車庫が反対側にあるため起点・終点の表記が逆になる。

大有は本数が少な目で、区間車の運行はない。車両は100%銀バスが使われている。名目上二段票路線であるが、実際には一段料金しかかからない模様(乗車時に払おうとしたらいらないと言われた)。安く乗るなら大有車を狙おう。
なお中華技術學院から乗る場合、車庫の位置の関係で運転手によってはショートカットして一つ先の軍人公墓から運行を始める場合があるので注意すべきである。
>ページトップへ戻る
628 德霖學院-中華路
バス写真
バス写真
表示区間 : 德霖學院-中華路
実運行区間 : 德霖技術學院-中華路北站
運行距離
(起点-終点-起点)
: 27 km
運行会社 : 福和客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 果菜市場
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : E
乗車済区間 : 德霖技術學院→桂林路
 
撮影日 : 2007.11.25 德霖技術學院
この路線のポイント
銀バス、レアな福和客運
 
コメント
土城市の德霖技術學院から中和市を経由して台北市西部の萬華地区に至る路線。
土城から台北というとやや遠いイメージがあるが、ほぼ最短距離で結ぶので意外と近い。特殊な区間はないが、始発の德霖技術學院は町外れにあり台北の旧市街まで幅広い景色が楽しめる。分段點が一ヶ所なので縣市境を乗るとすぐ二段料金になるので注意。

何よりレアな福和客運の路線であり、100%銀バス使用。

(2枚目 清水站/2007-11-25)
>ページトップへ戻る
629 汐止-南松山
バス写真
表示区間 : 汐止-南松山
実運行区間 : 摩天鎮-饒河街觀光夜市
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 欣和客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 北山里-中興路
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : A-E
乗車済区間 : 摩天鎮-世電社區
 
撮影日 : 2009.9.9 東湖國小
この路線のポイント
おみくじ路線
 
コメント
汐止市の東端より台北市の松山へ至る路線。地味ではあるが本数はかなり多く、幹線的存在。台北市内は284路と似た経路を取る。汐止市主要部を台鐵站を含め東西に横断するので市内各地への移動に便利。

車両は台北バス業界で最も古い年式のものと比較的新しいLEDタイプが3:2くらいの割合で存在し、最新型もわずかに投入されており差が激しい。どれに当たるかはその日の運勢次第である。
>ページトップへ戻る
630 東湖-東園
バス写真
バス写真
表示区間 : 東湖-東園
実運行区間 : 東湖站-華中河濱公園
運行距離
(起点-終点-起点)
: 43.2 km
運行会社 : 欣欣客運
大都會客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : (往程)三民國小-忠孝敦化路口 (返程)捷運忠孝敦化站-三民國小
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : A-D
乗車済区間 : 東湖站-華中河濱公園
 
撮影日 : 2009.9.24 三民國中
(2枚目:2008.1.12 東湖站)
この路線のポイント
台北横断
 
コメント
台北市の東の果て東湖から西の果て東園を結ぶ。どちらも縣市界ぎりぎりの場所である。町外れを出発して→新市街→旧市街と進むので車窓は割と楽しい。本数も非常に多く、內湖線・板南線の駅も経由し利用しやすい。

欣欣客運と大都會客運の聯營で、それぞれ旧タイプから最新型まで様々な車両が運用されているが平均レベルは貸切兼用のデラックス車を導入している欣欣の方が高い。
お互い車庫は逆の地点(欣欣は東湖、大都會は東園)にあり、ややこしいことに欣欣の東湖站のすぐ隣りに大都會の東湖站もあるが、基本的に大都會車でも欣欣の車庫で休憩・折り返しを行う。
>ページトップへ戻る
 1 2 3 4 5 6 下一頁>>