601 天母-東園 605 汐止-台北車站 605快速 汐止-台北車站 606 萬芳社區-榮總 611 動物園-松山車站 612 松德站-惇敘高工 620(大有) 中華技術學院-科學教育館 628 德霖學院-中華路 629 汐止-南松山 630 東湖-東園 642 青潭-復興北村 643 錦綉-復興北村 644 青潭-博愛路 646 東湖-榮總 646區 東湖-捷運劍潭站 648紅 錦綉-台北車站 650副 大崎腳-市政府 660 深坑-圓環 666區 捷運景美站-石碇高中 666烏塗窟線 捷運景美站-石碇 666皇帝殿線 捷運景美站-石碇 666華梵大學線 捷運景美站-華梵大學 666華梵大學線(區) 木柵-華梵大學 669 大龍峒-市政府 673 大鵬新城-東園 676 政大-行天宮 679 動物園-金龍寺 701 迴龍-台北 706 三峡-台北 802 三峽-捷運新埔站 807 三峽-熊空 808 瑞芳-侯硐 819 深美橋-捷運七張站 825 瑞芳-金瓜石 826 九號停車場-水湳洞 833紅 三鶯文化假日巴士(鶯歌線) 833藍 三鶯文化假日巴士(三峽線) 836 捷運淡水站-漁人碼頭 839 達觀社區-捷運新店站 846 瑞芳-平溪 889 台灣優浮創意園區-板橋公車站 902 萬芳社區─榮總 907 華江-崇義高中 907加 公館-汐止 908 三峡-捷運景安站 910 三峽-捷運府中站 912 深坑-捷運市政府站 915 捷運景美站-捷運市政府站 916 三峽-捷運永寧站 918 泰山-新店 919 五堵-捷運忠孝復興站 920 林口-板橋 921 三峡-捷運景安站 922 三峡北大社區-捷運永寧站 923 捷運新店站-坪林 926 板橋-三重 930 青潭-板橋
該当レコード : 57件

 <<上一頁 1 2 3 4 5 6 下一頁>>
642 青潭-復興北村
バス写真
表示区間 : 青潭-復興北村
実運行区間 : 新店總站-復興北村
運行距離
(起点-終点-起点)
: 32.4 km
運行会社 : 新店客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 滬江中學-捷運公館站
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運新店站-復興北村
 
撮影日 : 2009.11.8 公務人力發展中心
この路線のポイント
 
コメント
捷運新店から公館・新生南路経由で民族東路までを結び「松江幹線」の仲間入りできそうな路線。
行き先は643と同じ「復興北村」であり、北半分は同じ経路を走行すると思われがちだが、642は民權東路経由、643は民生東路経由で折り返すので注意。
特にこれといった特徴はないが、光華商場へのアクセスとして使える路線の一つ。

車両は新店客運の標準的なタイプが使われており、同社の流儀に従い全社幕は固定式である。
>ページトップへ戻る
643 錦綉-復興北村
バス写真
表示区間 : 錦綉-復興北村
実運行区間 : 錦綉-復興北村
運行距離
(起点-終点-起点)
: 41.8 km
運行会社 : 新店客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 捷運公館站-滬江中學
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : A-B
乗車済区間 : 復興北村-捷運公館站
 
撮影日 : 2008.1.5 捷運公館站
この路線のポイント
 
コメント
642の北半分と648緑の南半分をくっつけた路線。
特にこれといった特徴はないが、光華商場へのアクセスとして使える路線の一つ。

車両は新車が多い新店客運の中でも特に新しいものが使われており、写真の最新型は他社が幕をすべてLED化するなか未だ固定式幕を堅持しているのが面白い。
>ページトップへ戻る
644 青潭-博愛路
バス写真
表示区間 : 青潭-博愛路
実運行区間 : 新店總站-博愛路
運行距離
(起点-終点-起点)
: 34.4 km
運行会社 : 新店客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 滬江中學-捷運公館站
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運公館站-博愛路
 
撮影日 : 2009.11.8 台大
この路線のポイント
ちょっとずれ
 
コメント
捷運新店から公館経由で台北車站附近を結ぶ路線。あくまで台北車站附近であり、台北車站そのものではないので駅へのアクセス路線として使えるものの若干の距離がある(最寄りは重慶南路一段)。

車両は642と同世代の新店客運の標準的なタイプが使われており、同社の流儀に従い全社幕は固定式である。
>ページトップへ戻る
646 東湖-榮總
バス写真
表示区間 : 東湖-榮總
実運行区間 : 東湖站-榮總
運行距離
(起点-終点-起点)
: 46.8 km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 美麗華-捷運劍潭站
マイナー度 : B(2時間に1本程度)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : C-D
乗車済区間 : 東湖站-榮總
 
撮影日 : 2009.7.23 榮總
この路線のポイント
レア
 
コメント
內湖區の東端東湖と北投區の榮總を東西に結ぶ路線。大直-榮總は645とかぶるが、こちらはか南回りの経路をとる。
それほど変わった区間はないが、內湖區の一部にこの路線しか通らない区間があり、その部分は市民小八巴の雰囲気があって面白い。
本数は1日4本で夕方前には終わってしまうが、劍潭までは區間車がありその先は285などが利用できるのであまり困らない。

車両は欣欣標準のマイクロバス。
>ページトップへ戻る
646區 東湖-捷運劍潭站
バス写真
表示区間 : 東湖-捷運劍潭站
実運行区間 : 東湖站-捷運劍潭站
運行距離
(起点-終点-起点)
: 28.8 km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : C-D
乗車済区間 : 警智新村-捷運劍潭站
 
撮影日 : 2009.9.9 東湖國小
この路線のポイント
なんとなく市民小巴
 
コメント
646の純粋な區間車。內湖區の東端東湖と捷運劍潭を結ぶ路線。
正線に比べてカットされている部分は285・606の後半と一致し、これらに乗り換えることによって容易に補完できるのでほぼ同等の存在。646の特徴的な區間である市民小巴の雰囲気を持つ星雲街附近はこれでも同様に味わえる。本数は正線に比べて多いがそれでも1時間に1本程度であり終バスが18時台、休日運休となっているので注意。

車両は欣欣標準のマイクロバスで、ほとんどLED式幕だが一部正線にない固定式幕車両も存在する。
>ページトップへ戻る
648紅 錦綉-台北車站
バス写真
表示区間 : 錦綉-台北車站
実運行区間 : 錦綉-台北車站(青島)
運行距離
(起点-終点-起点)
: 42.6 km
運行会社 : 新店客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 捷運公館站-滬江中學
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : B
乗車済区間 : 錦綉-台北車站(青島)
 
撮影日 : 2004.10.6 捷運公館站
この路線のポイント
滿堂彩でのバック
 
コメント
台北車站から新店市郊外の錦綉を結ぶ路線。途中頭城-滿堂彩の盲腸路線を往復する紅線と、寄り道せず直行する緑線があり紅線の方が正線で本数が多くあります。
滿堂彩では行き止まりのような場所で折り返すので一旦通り越し、バックで停留所に入る変わったシーンが見られます。またその停留所では両方向のバスが同一の場所に着くので誤乗に注意。
車両は全車新しめのものが使われています。
>ページトップへ戻る
650副 大崎腳-市政府
バス写真
表示区間 : 大崎腳-市政府
実運行区間 : 中生橋頭-捷運市政府站
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 新店客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 滬江中學-公館
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : A-B
乗車済区間 : 師大分部-捷運市政府站
 
撮影日 : 2008.10.2 捷運市政府站
この路線のポイント
期間限定のレア物
 
コメント
2008年9月5日より10月4日まで期間限定で試験運行された650路の副線。経路は正線に準じるが、世貿中心から一旦吳興街へ向かい、折り返して北へ向きを変え市政府に向かうという違いがある。そのため若干の遠回りとなり通しで乗る場合は見逃して正線を待った方が早いということがある。

試験路線故か、終バスが21:00と早く、10:00~15:00は運行されないなど注意が必要。

車両は650路正線のものを使用しておりレベルは同じである。試乗した時間帯では立ち客が出るくるらいの利用はあったが、正式採用されるのだろうか。
>ページトップへ戻る
660 深坑-圓環
バス写真
表示区間 : 深坑-圓環
実運行区間 : 石碇高中-圓環
運行距離
(起点-終点-起点)
: 47.5 km
運行会社 : 指南客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 捷運景美站-捷運公館站
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : D-E
乗車済区間 : 深坑-台北車站(承德)
 
撮影日 : 2008.1.1 文山一分局
この路線のポイント
 
コメント
石碇鄉の石碇高中から景美回りで台北車站北側の圓環を結ぶ路線。時間はかかるが台北車站から深坑老街に乗り換えなしでアクセスできる。
2008年現在全車固定幕式の車両が使われており、必然的に車齢の高いものが多い。
>ページトップへ戻る
666區 捷運景美站-石碇高中
バス写真
表示区間 : 捷運景美站-石碇高中
実運行区間 : 景福街-石碇高中
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : A-B
乗車済区間 : 景美國中-深坑
 
撮影日 : 2009.5.25 景美國中
この路線のポイント
割とノーマル
 
コメント
純粋に666正線の一部を切り取った區間車。正線に比べて本数が多く、深坑へのアクセスとして使える。

車両は正線と共通運用されているようで、華梵大學関係路線(高速走行あり)運用との兼ね合いからリクライニングシート装備のタイプと一般車が半々くらいで使われている。
>ページトップへ戻る
666烏塗窟線 捷運景美站-石碇
バス写真
表示区間 : 捷運景美站-石碇
実運行区間 : 景福街-烏塗窟
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 草地尾-八分寮
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : B-C
乗車済区間 : 景福街-烏塗窟
 
撮影日 : 2008.4.5 石碇
この路線のポイント
一部時間帯の特殊運行、石碇以遠の区間
 
コメント
666線正線は石碇から先直進して皇帝殿へ進む便と右折して烏塗窟へ進む便に分かれるが、こちらは烏塗窟へ向かう便。
表示區間はどちらも捷運景美站-石碇ですが、フロント付近に「往 烏塗窟」と表示しているので区別可能(復路でも表示している)。

石碇から先はかなり郊外感が強まり、「臨時站」というバス停が並ぶ特異な区間がある。終点の烏塗窟は独特の雰囲気を持った集落。バス停はなく、人が集まっている箇所が乗り場である。

基本的に烏塗窟方面へしか行かないが、本数が減る時間帯では乗客の求めに応じて皇帝殿方面へも運行される。皇帝殿から乗りたい場合は連絡しておけばよい。
車両は準新車~やや古いタイプが使われている。
>ページトップへ戻る
 <<上一頁 1 2 3 4 5 6 下一頁>>