601 天母-東園 605 汐止-台北車站 605快速 汐止-台北車站 606 萬芳社區-榮總 611 動物園-松山車站 612 松德站-惇敘高工 620(大有) 中華技術學院-科學教育館 628 德霖學院-中華路 629 汐止-南松山 630 東湖-東園 642 青潭-復興北村 643 錦綉-復興北村 644 青潭-博愛路 646 東湖-榮總 646區 東湖-捷運劍潭站 648紅 錦綉-台北車站 650副 大崎腳-市政府 660 深坑-圓環 666區 捷運景美站-石碇高中 666烏塗窟線 捷運景美站-石碇 666皇帝殿線 捷運景美站-石碇 666華梵大學線 捷運景美站-華梵大學 666華梵大學線(區) 木柵-華梵大學 669 大龍峒-市政府 673 大鵬新城-東園 676 政大-行天宮 679 動物園-金龍寺 701 迴龍-台北 706 三峡-台北 802 三峽-捷運新埔站 807 三峽-熊空 808 瑞芳-侯硐 819 深美橋-捷運七張站 825 瑞芳-金瓜石 826 九號停車場-水湳洞 833紅 三鶯文化假日巴士(鶯歌線) 833藍 三鶯文化假日巴士(三峽線) 836 捷運淡水站-漁人碼頭 839 達觀社區-捷運新店站 846 瑞芳-平溪 889 台灣優浮創意園區-板橋公車站 902 萬芳社區─榮總 907 華江-崇義高中 907加 公館-汐止 908 三峡-捷運景安站 910 三峽-捷運府中站 912 深坑-捷運市政府站 915 捷運景美站-捷運市政府站 916 三峽-捷運永寧站 918 泰山-新店 919 五堵-捷運忠孝復興站 920 林口-板橋 921 三峡-捷運景安站 922 三峡北大社區-捷運永寧站 923 捷運新店站-坪林 926 板橋-三重 930 青潭-板橋
該当レコード : 57件

 <<上一頁 1 2 3 4 5 6 下一頁>>
666皇帝殿線 捷運景美站-石碇
以前の情報があります→
バス写真
表示区間 : 捷運景美站-石碇
実運行区間 : 景福街-皇帝殿
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 草地尾-八分寮
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : A-D
乗車済区間 : 景美國中-皇帝殿
 
撮影日 : 2010.9.11 文山二分局
この路線のポイント
一部時間帯の特殊運行
 
コメント
666線正線は石碇から先直進して皇帝殿へ進む便と右折して烏塗窟へ進む便に分かれるが、こちらは皇帝殿へ向かう便。
以前は行き先にかかわらず捷運景美站-石碇の表示でフロント付近に「往 皇帝殿」と表示していたが、直接皇帝殿を表示する車が登場した。ただし全車でない上に皇帝殿行きの一部は延長され華梵大學行きになっているので見かける機会は少ない。

基本的に皇帝殿へ着くと折り返すが、本数が減る時間帯では乗客の求めに応じて一旦分岐点まで引き返した後烏塗窟方面へも運行される。烏塗窟から乗りたい場合は連絡しておけばよい。
車両は最新型、貸切兼用タイプ、旧型等実に様々。「皇帝殿」表示は最新型と貸切兼用タイプで見られる。
>ページトップへ戻る
666華梵大學線 捷運景美站-華梵大學
以前の情報があります→
バス写真
表示区間 : 捷運景美站-華梵大學
実運行区間 : 景福街-華梵大學
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 三段票收票
分段緩衝區 : 1.草地尾-八分寮 2.石碇
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : A-D
乗車済区間 : 景美國中-華梵大學
 
撮影日 : 2009.5.25 景美國中
この路線のポイント
石碇から先の山岳区間
 
コメント
華梵大學のために666路が石碇から延長されて運行されている路線。
本来の666線が烏塗窟方面と皇殿方面に分岐する石碇を皇殿方面に進み、そのまま山をどんどん登っていき、登りきったところが華梵大學で校門近くにある駐車場(大学バスターミナル)でそこが終点となっている。
石碇を出てすぐ車一台分しかない狭路を通過したり、かなりの山道を登ったりするなどかなり楽しめる路線。

かつては學生専用車に近かったが今ではすっかり一般路線化し、車両もハイグレードタタイプから写真のような古い一般型まで様々なものが使われている。
>ページトップへ戻る
666華梵大學線(區) 木柵-華梵大學
バス写真
表示区間 : 木柵-華梵大學
実運行区間 : 捷運木柵站-華梵大學
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 三段票收票
分段緩衝區 : 1.草地尾-八分寮 2.石碇
マイナー度 : B(2時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : B
乗車済区間 : 草地尾-石碇
 
撮影日 : 2008.4.5 石碇
この路線のポイント
石碇から先の山岳区間
 
コメント
華梵大學のために666路が石碇から延長されて運行されている路線。その一部に始発が景美ではなく木柵となっている便が存在し、平均2時間に1本程度ある(運行時間にはかなり偏りがありほとんどが午後以降である)。
なお(區)というのは当サイトで便宜上付加したもので、実際には正線の短縮運行扱いとなっているようだ。

本来の666線が烏塗窟方面と皇殿方面に分岐する石碇を皇殿方面に進み、そのまま山をどんどん登っていく。登りきったところが華梵大學で校門近くにある駐車場(大学バスターミナル)が終点。
石碇を出てすぐ車一台分しかない狭路を通ったりかなりの山道を登ったりしてかなり楽しめる。
>ページトップへ戻る
669 大龍峒-市政府
バス写真
表示区間 : 大龍峒-市政府
実運行区間 : 庫倫街-信義行政中心
運行距離
(起点-終点-起点)
: 26 km
運行会社 : 首都客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 台北車站(鄭州)-微風廣場
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 民生西路口-光華商場
 
撮影日 : 2004.12.25 民生西路口
この路線のポイント
 
コメント
大同區の北の端、圓山站付近と市政府を結ぶ路線。途中迪化街・光華商場・微風廣場などを経由し、ショッピングに使えそうな?路線。迪化街付近から東に行ける路線はこれしかないので割と貴重な路線。唯一「光華商場」の停留所を持つのもポイント(2004年12月現在)。
車両は古めのマイクロバスながら、首都客運らしく整備状態がいいので乗り心地はまあまあ。
>ページトップへ戻る
673 大鵬新城-東園
バス写真
表示区間 : 大鵬新城-東園
実運行区間 : 大鵬華城-華中河濱公園
運行距離
(起点-終点-起点)
: 34.8 km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : D-E
乗車済区間 : 大理服飾-景美國中
 
撮影日 : 2004.10.6 捷運公館站
この路線のポイント
 
コメント
台北市の西の端・東園を出て一旦龍山寺まで北上、公館・景美を経て新店市まで足を伸ばす路線。途中回り道して辛亥站などを経由する。以前は路線の偏った区間に長めの緩衝區が設定されていて(恐らく台北市-台北縣の境を意識したためと思われる)、ほとんど意味のない二段票路線になっていましたが現在は一段票路線となっています。
萬芳・景美地区から乗り換えなし、格安料金で龍山寺方面に行ける貴重な路線ですがなぜか人気が無くいつ乗っても空いています(特に夜間はガラガラ)。儲からないせいかちっとも新車が入らず、古い車ばかりです。
>ページトップへ戻る
676 政大-行天宮
バス写真
表示区間 : 政大-行天宮
実運行区間 : 政大-行天宮
運行距離
(起点-終点-起点)
: 26.9 km
運行会社 : 指南客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 武功國小-捷運公館站
マイナー度 : B(2時間に1本程度)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : D
乗車済区間 : 政大-捷運萬芳醫院站
 
撮影日 : 2007.12.28 行天宮付近
この路線のポイント
 
コメント
かつての松江幹線が延長する形で誕生した路線(引き替えに松江幹線は廃止された)。
政大を起点とする唯一の路線である。

政大から光華商場へ直通で行ける便利な路線であるが、本数が少ないのがネック。
車両は530路用車両のアルバイトである。
>ページトップへ戻る
679 動物園-金龍寺
バス写真
表示区間 : 動物園-金龍寺
実運行区間 : 捷運動物園站-金龍寺(二)
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 指南客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 變電所-舊莊
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 新光站-金龍寺(二)
 
撮影日 : 2010.1.30 金龍寺(二)
この路線のポイント
深坑-南港の山越え区間
 
コメント
新光站を発車後一旦西へ向かい、動物園・政大を経由して東進し再度新光站前を通過後深坑から山越えをして南港區の舊莊へ。さらに北進し最終的に内湖區の金龍寺へ至る路線。
よって冗長区間が存在することになるが、本来新光站-捷運動物園站間は回送區間であるため公式にはないことになる(実際乗車は可能。やる人はあまりいないが)。
小12と並ぶ木柵-南港の山越え路線であるが、こちらは峠道といった感じでまた別の趣がある。特に南港側の山岳道路終点附近のインターチェンジを見下ろす場所は圧巻。
かつて公路客運の指南6路であったが、2009年末聯營公車に組み込まれた。このため普通運賃が54元から二段票(30元)になったため大幅値下げとなった。緩衝區も長く木柵から舊莊まで一段料金で行ける。
>ページトップへ戻る
701 迴龍-台北
バス写真
表示区間 : 迴龍-台北
実運行区間 : 樹林站-中華路北站
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 台北客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 北門街-捷運龍山寺站
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : B-D
乗車済区間 : 海山寺-捷運龍山寺站
 
撮影日 : 2009.10.16 捷運龍山寺站
この路線のポイント
いきなり大回り
 
コメント
樹林から板橋車站経由で台北市の西門までを結ぶ。樹林站を出るといきなりすごい大回りをして出発点のすぐ近くを通過し板橋へ向かう。樹林站-濟安宮間は他の路線ならバス停1區間分だがこの路線ではなんと28區間もある。そのため起点附近から板橋方面へ向かう場合は濟安宮まで歩いてから乗った方が早い。
緩衝區がかなり終点側に寄っており、龍山寺-樹林間を一段料金で移動できるので使い方によってはかなりお得。

車両は白色塗装の旧型が中心だが一部櫻花車も投入されている。
>ページトップへ戻る
706 三峡-台北
バス写真
表示区間 : 三峡-台北
実運行区間 : 三峡二站-博物館
運行距離
(起点-終点-起点)
: 49 km
運行会社 : 台北客運
收票方式 : 三段票收票
分段緩衝區 : 1.媽祖田-捷運永寧站 2.抽水站-自強市場
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : A
乗車済区間 : 三峡二站-博物館
 
撮影日 : 2010.1.31 三峡二站
この路線のポイント
地域住民用?
 
コメント
数ある三峡-台北路線の一つ。三峡二站からの発車で老街の中心部は通らないので観光の足と言うより北大社區住民の足として設定されている路線であろう。
経路は土城・中和経由でかなり南寄りをまっすぐ進む感じ。若干車窓の変化はあるものの、インパクトある場所はなく正直全線乗ると少々飽きる。
本数はかなり多い。

車両は以前旧型が存在したようだが、2010年1月現在すべて新型の首都客運色に置き換えられている。
>ページトップへ戻る
802 三峽-捷運新埔站
バス写真
表示区間 : 三峽-捷運新埔站
実運行区間 : 三峽站(首都)-捷運新埔站
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 首都客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 山佳-樹林
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : B-C
乗車済区間 : 三峽站(首都)-福祿新城(一)
 
撮影日 : 2007.5.13 首都客運三峽站
この路線のポイント
 
コメント
老街で有名な三峽から捷運新埔站を結ぶ路線。途中樹林や山佳を経由し、台鐵からの乗り換えが可能。
高速を通らないため少々時間はかかるが、本数は割と多く三峽へのアクセス路線の一つとして使える。

車両は首都客運としては古参のものから新型まで様々。
>ページトップへ戻る
 <<上一頁 1 2 3 4 5 6 下一頁>>