藍1 徐匯中學-台北車站 藍5 捷運市政府站-挹翠山莊 藍27 內湖─捷運市政府站 藍28 興隆站-東園 藍36 汐止-捷運昆陽站 綠1 新店-捷運市政府站 綠1直達車 新店-捷運市政府站 綠2右 景美女中-中、永和 綠2左 景美女中-中、永和 綠3 花園新城-中和 綠7 黎明清境-捷運大坪林站 綠8 台北小城-中和 綠9 大香山-慈濟醫院 綠9副 大香山-耕莘醫院 綠10 景文科技大學-捷運大坪林站 綠11 萬芳社區-台電大樓 綠15 綠野香坡-捷運大坪林站 紅12 科學教育館-捷運石牌站 紅23 漁人碼頭-捷運紅樹林站 紅26 漁人碼頭-捷運淡水站 紅30 故宮-捷運劍潭站 紅36 新春街-捷運淡水站 紅37 新春街-捷運淡水站 橘5 板橋國中-捷運景安站 棕2 景美女中-萬芳社區 棕3 捷運動物園站-萬美社區 棕5 萬芳社區-指南宮 棕6 捷運動物園站-捷運市政府 棕9 東湖-圓環 棕11 捷運動物站-捷運公館站 棕12 景美-兒童交通博物館 棕15 捷運動物園站-貓空 棕18 捷運市政府站-政治大學
該当レコード : 33件

 1 2 3 4 下一頁>>
藍1 徐匯中學-台北車站
バス写真
表示区間 : 徐匯中學-台北車站
実運行区間 : 徐匯中學-台北車站(青島)
運行距離
(起点-終点-起点)
: 16 km
運行会社 : 三重客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : E(不好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 三重客運-台北車站(青島)
 
撮影日 : 2009.4.1 台北車站(忠孝)
この路線のポイント
台北車站での折り返し
 
コメント
三重市の北西にある徐匯中學から忠孝橋経由で台北車站を結ぶ短距離路線。路線にこれといった特徴はないが、台北車站での折り返し経路(忠孝-青島-忠孝)が他の路線には見られない独特のものである。

車両は全車同時期に導入された固定幕式のものが使われ、比較的綺麗である。
>ページトップへ戻る
藍5 捷運市政府站-挹翠山莊
以前の情報があります→
バス写真
表示区間 : 捷運市政府站-挹翠山莊
実運行区間 : 捷運市政府站-挹翠山莊-吳興街
運行距離
(起点-終点-起点)
: 12.3 km
運行会社 : 大都會客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運市政府站-吳興街總站
 
撮影日 : 2008.6.5 捷運市政府站
この路線のポイント
吳興街より先の山岳区間、やる気のない停留所名
 
コメント
捷運市政府から吳興街に向かう路線であるが、直行で吳興街へ着いた後山の上にある住宅地を一周して再び吳興街に戻って来るという路線構造をもつ。
その住宅地の山っぽさはかなりのものがあり、停留所に拇指山登山口などがあることからもうかがい知ることができる。
吳興街を出てすぐの区間は山道そのものであり、住宅地の道もかなり細く「小」系の路線と同等の面白さを誇る。
また「公園」「テニスコート」など停留所名の付け方にまったくやる気がない点も注目である。

路線事情から車両は全車両マイクロバス。市民小巴7路の大増便に伴って本路線が一斉に新車へ置き換わり、玉突きで旧車両が小巴7路へ転属した。新しく導入された車にはなぜかフロントにリボンがつけられていた。
本数は割とあり、日によってはかなり増便されたりすることもあるようだ。
市政府站発車時点で「回站」の表示が出ている場合は山へ行かず車庫へ入ってしまうので注意。
>ページトップへ戻る
藍27 內湖─捷運市政府站
バス写真
表示区間 : 內湖─捷運市政府站
実運行区間 : 三民國中─捷運市政府站
運行距離
(起点-終点-起点)
: 29 km
運行会社 : 大南汽車
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : C-D
乗車済区間 : 民生國中─捷運市政府站
 
撮影日 : 2009.7.27 捷運市政府站
この路線のポイント
內湖人の足?
 
コメント
捷運市政府を起点(終点)に內湖地区を一周する感じの路線。以前は市政府站のみと接続していたが、內湖線開通によりそちらの駅とも接続するようになった。まさに捷運連絡路線の典型といえる路線。

車両も平凡に大南の平均的な年数のものが使われている。
>ページトップへ戻る
藍28 興隆站-東園
バス写真
表示区間 : 興隆站-東園
実運行区間 : 景明街口-華中河濱公園
運行距離
(起点-終点-起点)
: 19.6 km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : C-D
乗車済区間 : 捷運公館站-捷運龍山寺站
 
撮影日 : 2008.1.5 捷運公館站
この路線のポイント
旧型車両の宝庫
 
コメント
元々萬華地区で運行されていた路線が2007年7月に公館地区まで延長されたもの。合わせて所属営業所も興隆站に変更されている。
これにより従来直通の路線がなかった興隆路一段~龍山寺のアクセスが格段に向上した。また公館地区における初の「藍」路線である。

延長に際し他で余った車両を流用してきたようで、見事に旧型車両が集中しておりその手のものが好きなマニアにはたまらない。
>ページトップへ戻る
藍36 汐止-捷運昆陽站
バス写真
表示区間 : 汐止-捷運昆陽站
実運行区間 : 環河里-捷運昆陽站
運行距離
(起点-終点-起点)
: 18.8 km
運行会社 : 首都客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : A
乗車済区間 : 東湖國小-捷運昆陽站
 
撮影日 : 2004.11.20 東湖國小
この路線のポイント
 
コメント
捷運昆陽站から東湖地区を通って汐止市に至る路線。昆陽-東湖は284路などとかぶりますが、経由地が異なっていて最近開発されたらしい南寄りの地区を通ります。最近できたばかりの路線で全車新型車両、本数もかなり多くサービスの良い首都客運による運行とかなりポイントの高い路線。
>ページトップへ戻る
綠1 新店-捷運市政府站
以前の情報があります→
バス写真
バス写真
表示区間 : 新店-捷運市政府站
実運行区間 : 新店站-捷運市政府站
運行距離
(起点-終点-起点)
: 30 km
運行会社 : 新店客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 景美女中-石壁坑
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : B-D
乗車済区間 : 捷運新店市公所站-捷運市政府站
 
撮影日 : 2007.11.28 捷運市政府站
この路線のポイント
一時間に一度、2台続けて来る
 
コメント
國際學舎の方にはなくてはならない存在、緑1。本数が少な目の上運行間隔が不均一なので有名、とにかく「来ない」と評判の路線。
従来動物園止まりであった路線が信義快速道路の開通によって市政府まで延長され、二段票路線となった。

台北客運らしい、座っていても転げ落ちる運転の荒さと運転手が突然弁当を買いにばっくれるサービスが(マニア的に)たまらない路線。
利用客にとっては別の意味でたまらないが。

延長と前後して上の新型車両「櫻花車」が投入され、当初は少数派であったがその後307路からの転入で一気に従来車を置き換え、ほぼ全車が新型になった。
今でも少数ではあるが従来車(写真下、2007/12/22 政大にて撮影)も運用されている。
>ページトップへ戻る
綠1直達車 新店-捷運市政府站
バス写真
表示区間 : 新店-捷運市政府站
実運行区間 : 新店站-捷運市政府站
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 台北客運
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 景美女中-動物園正門
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : B
乗車済区間 : 捷運新店站→市政府
 
撮影日 : 2009.2.7 捷運動物園站
この路線のポイント
結局は一緒
 
コメント
パンダ重要を見越して綠1が大増発されたが、さらに急行タイプの直達車が設定された。100番台ではないが、休日のみ運行されている。
停留所を減らし、政大を経由しないなどの工夫がなされていたが正線と間違えて本来止まらない停留所で乗車あるいは下車しようとする客が後を絶たず(運転手も認めるケースが多かった)、政大に行こうとする客が運転手に止まらないことを告げられ乗車をやめるシーンがたびたび見られた。

車両は櫻花車と首都色車が使われている。

結局存在意義が薄れ、評判も良くなかったようで短命に終わってしまった。
>ページトップへ戻る
綠2右 景美女中-中、永和
バス写真
バス写真
表示区間 : 景美女中-中、永和
実運行区間 : 全球工業總部-中、永和
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : A-D
乗車済区間 : 捷運萬芳醫院站-中、永和
 
撮影日 : 2004.10.6 景美女中
この路線のポイント
方向に注意
 
コメント
木柵地区と中、永和を結ぶ路線。新店市にある車庫を出発後東進して台北市に入り、一旦萬芳方面へ行った後馬明潭で折り返し、西進して再び新店市へ。その後一方通行で中和市・永和市を回って元に戻る路線。
図にしてみると8の字型になるやや特殊な路線で、くびれた部分から出発する。

新店から先は右線・左線で進む方向が異なり、右線は反時計回りに永和市→中和市の順に進む。乗り間違えても目的地には着けるが、相当な時間をロスするので乗車前の確認が欠かせない。
新店(七張)や中和・永和の中心部など主要ポイントをダイレクトに結び、しかも1段票なので利用価値が高い路線である。

車両は一部新型も導入されているが、旧型が多く回されており差が激しい。

(2008.7.14 2枚目写真追加 捷運萬芳醫院站/2007-11-25)
>ページトップへ戻る
綠2左 景美女中-中、永和
バス写真
バス写真
表示区間 : 景美女中-中、永和
実運行区間 : 全球工業總部-中、永和
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 欣欣客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : A-C
乗車済区間 : 懷恩隧道-中、永和
 
撮影日 : 2008.11.15 辛亥路五段
この路線のポイント
方向に注意
 
コメント
木柵地区と中、永和を結ぶ路線。新店市にある車庫を出発後東進して台北市に入り、一旦萬芳方面へ行った後馬明潭で折り返し、西進して再び新店市へ。その後一方通行で永和市・中和市を回って元に戻る路線。
図にしてみると8の字型になるやや特殊な路線で、くびれた部分から出発する。

新店から先は右線・左線で進む方向が異なり、左線は時計回りに中和市→永和市の順に進む。乗り間違えても目的地には着けるが、相当な時間をロスするので乗車前の確認が欠かせない。
新店(七張)や中和・永和の中心部など主要ポイントをダイレクトに結び、しかも1段票なので利用価値が高い路線である。

以前は旧型車両の宝庫であったが、新車の導入で状況が変わりつつある。しかし相変わらずバラエティに富んでおり、現役の全世代車両を見ることができる。
>ページトップへ戻る
綠3 花園新城-中和
バス写真
表示区間 : 花園新城-中和
実運行区間 : 台北小城-中和市公所
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 新店客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運景安站[景平路]→花園新城
 
撮影日 : 2009.10.31 捷運景安站
この路線のポイント
起点側の坂道、ELLA
 
コメント
新店郊外にある新興住宅地の一つ、花園新城と新店経由で中和を結ぶ路線。綠8路の兄弟分とも言える。花園新城は新店市の烏來寄りにあり、中和側から乗ると新烏路をしばらく走った後この手の住宅地お約束の急な坂道を登って終点の噴水広場前に着く。
この新烏路區間が曲者で休日夕方などは烏來観光の車で大渋滞し、なかなか前に進まない。
花園新城はちょっと寂れた感じの住宅地だが、ELLA出演ドラマのロケで使われた実績がある。

車両は以前大型車であったようだが、近年新型のマイクロバスが導入され全車置き換えられた。
>ページトップへ戻る
 1 2 3 4 下一頁>>