市民小巴1 捷運劍潭站-風櫃嘴 市民小巴2 捷運北投站-溫泉路 市民小巴3 陽明山-新園街 市民小巴5 興光市場-捷運景美站 市民小巴6 捷運昆陽站─舊莊 市民小巴7 麟光新村-捷運市政府站 市民小巴8 洲美站-後港里 市民小巴9 大佳河濱公園-台北中興醫院 市民小巴10 麥帥新城-三民國中 市民小巴11 天母-捷運芝山站 市民小巴12 捷運芝山站-葫蘆堵 小1 中華技術學院-內溝 小1區 捷運昆陽站-內溝 小2 捷運市政府站-石崁 小5 捷運昆陽站-光明寺 小6 捷運北投-清天宮 小7 復興站-嶺腳 小8 捷運石牌站-竹子湖 小9 復興站-竹子湖 小10 萬芳社區-貓空 小11 萬芳社區-大春山莊 小12 捷運昆陽站-捷運動物園站 小14 復興站-照明寺 小15 捷運劍潭站-擎天崗 小16 捷運劍潭站-公館里 小17 捷運劍潭站-新安里 小19 捷運劍潭站-平等里 小21 北投-八仙里 小22 捷運北投站-泉源路 小23 關渡碼頭-北投國小 小25 捷運北投站-六窟 小27 捷運劍潭站-風櫃嘴 小31S31懷恩專車(公館線-1) 捷運公館站-第二殯儀館 小31S31懷恩專車(公館線-2) 捷運六張犁-第二殯儀館 小31S31懷恩專車(忠孝線) 捷運忠孝復興站-第二殯儀館 小31懷恩公車 捷運公館站-第二殯儀館
該当レコード : 36件

 <<上一頁 1 2 3 4 下一頁>>
市民小巴12 捷運芝山站-葫蘆堵
バス写真
表示区間 : 捷運芝山站-葫蘆堵
実運行区間 : 捷運芝山站-葫蘆堵
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 三重客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運芝山站-葫蘆堵
 
撮影日 : 2010.9.12 捷運芝山站
この路線のポイント
士林一周
 
コメント
士林區で3番目となる市民小巴路線。捷運芝山站を起点に社子里→社子國小→社子里→葫蘆國小→捷運芝山站と双葉が出た植物の根→葉1→葉2→根と辿る感じの路線。
全体的に他の路線と共通する區間が多く、市民小巴らしい路地裏區間はごく一部で少な目。平日は1時間1本だが休日は2時間1本と半減するので注意。
起点・終点も環状になっているため運行を終えて戻ってきたバスはこれから運行を始める車と間違われないよう暫停服務の表示になっているので撮影の際は注意。

車両は三重客運の新しめなマイクロバスが使用されている。
>ページトップへ戻る
小1 中華技術學院-內溝
バス写真
バス写真
表示区間 : 中華技術學院-內溝
実運行区間 : 中華技術學院-內溝
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 東南客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : B(2時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : E
乗車済区間 : 中華技術學院-內溝
 
撮影日 : 2008.3.16 誠正國中
この路線のポイント
果てから果てへ
 
コメント
台北市の東の果て、中華技術學院(南港區)から北東の果て內溝(內湖區)を結ぶ路線。そこそこ賑やかな箇所も通るが、捷運站を通らずマイナーな場所同士を結んでいるので利用者は常に少ない。
そのため捷運昆陽へ向かう區間車に比べて圧倒的に本数が少なく、1日8往復のみである。

特に面白いのは康樂街を過ぎた後のフリーストップ区間で、(他の小型バス路線にも言えることだが)台北市内とはにわかに信じがたい自然豊かな景色が展開する。
途中に自然観察施設やハイキングコースが点在することからもその様子が伺えよう。

車両は古い韓国製マイクロバスで乗り心地を期待してはいけない。
>ページトップへ戻る
小1區 捷運昆陽站-內溝
バス写真
表示区間 : 捷運昆陽站-內溝
実運行区間 : 捷運昆陽站-內溝
運行距離
(起点-終点-起点)
: 22.6 km
運行会社 : 東南客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運昆陽站-內溝
 
撮影日 : 2008.1.12 忠三街口
この路線のポイント
忠三街口以遠の末端區間
 
コメント
小型バス路線のトップナンバー。捷運站を通らない正線より昆陽站発着の區間車の方が利用者が多く、主力となっている。
區間車の中でも途中経路の違いにより三種類あるが、基本となる寄り道のない便では主に大型バスが使われている。

忠三街口までは市街地を走るが、それ以遠は急に道が細くなり自然研究施設があるなど台北市内とは思えないのどかな風景の中を走り、ハイキングコースの入り口が終点となっている。
>ページトップへ戻る
小2 捷運市政府站-石崁
バス写真
表示区間 : 捷運市政府站-石崁
実運行区間 : 捷運市政府-石崁
運行距離
(起点-終点-起点)
: 32.6 km
運行会社 : 東南客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : B(2時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : E
乗車済区間 : 捷運市政府-石崁
 
撮影日 : 2009.7.23 捷運市政府
この路線のポイント
マイナーな正線
 
コメント
市政府から內湖を経由して山奥の集落石崁へ向かう路線。途中にはハイキングコースや観光農園などが点在し、レジャー目的でかなり有用である。しかし本数は少なく、一日数本のみ。休日に至っては早朝夜間のみなのでまったく使えない。
內湖発の區間車はそこそこあるが、捷運站発着でないと使いにくくむしろ休日は増便した方がいいのではと思えるところ。
本数は少ないないがそれなりに利用はある様子。ただしほぼ全数の客が內湖で入れ替わり、全線通しの客はいない模様。

車両は小10などと同じ東南標準のマイクロバス。
>ページトップへ戻る
小5 捷運昆陽站-光明寺
バス写真
表示区間 : 捷運昆陽站-光明寺
実運行区間 : 捷運昆陽站-光明寺
運行距離
(起点-終点-起点)
: 24.6 km
運行会社 : 東南客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : D
乗車済区間 : 捷運昆陽站-光明寺
 
撮影日 : 2007.12.22 光明寺
この路線のポイント
舊莊から先の山岳區間、特に製茶示範中心-光明寺、さらに終点直前の急坂・スイッチバック
 
コメント
昆陽から南港の茶どころを結ぶ路線。貓空へ向かうS10路の南港版といったところです。
終点の一歩手前、製茶示範中心まではそこそこ便がある(平日1時間1本、休日30分に1本程度)のですが、終点光明寺まで行く便は1日わずか4本。
まるでJR吾妻線のような路線です。他に大坑までの區間車があります。

走行距離はそれほど長くないですが、終点の寺は山奥別世界で一度来てみる価値があります。光明寺-製茶示範中心は徒歩15分ほどですので、早く帰りたい場合は歩きましょう。

車は古びた三菱製のマイクロバスが使われています。
>ページトップへ戻る
小6 捷運北投-清天宮
バス写真
バス写真
バス写真
表示区間 : 捷運北投-清天宮
実運行区間 : 復興站-清天宮
運行距離
(起点-終点-起点)
: 16 km
運行会社 : 大南汽車
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 復興站-清天宮
 
撮影日 : 2008.1.20 清天宮
この路線のポイント
最後の1区間の山道
 
コメント
車体などでは捷運北投と表示しているが、実際の起点は少し手前にある復興站で、捷運北投→新北投と経由して住宅地からどんどん山の中へ入っていく。
本数は割とある路線ではあるが、しっかりとミニバスの路線の風格を備えており最後の1区間でかなりの山道を登り意外と楽しめる。
視界の開ける部分が少ないのが残念ではあるが、途中に展望台があるので途中下車すればゆっくり見ることができる。
終点の清天宮は陽明山国家公園に含まれており、ハイキングコースの入り口もあるのでハイカーの姿が多く見られる。

(2008.4.1 3枚目写真追加 2008.3.15/復興站)
>ページトップへ戻る
小7 復興站-嶺腳
バス写真
表示区間 : 復興站-嶺腳
実運行区間 : 致遠新村-嶺頭
運行距離
(起点-終点-起点)
: 16 km
運行会社 : 大南汽車
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : C-D
乗車済区間 : 致遠新村-嶺腳(含珠海路)
 
撮影日 : 2008.1.20 北投國小
この路線のポイント
珠海路経由の戻り
 
コメント
北投から陽明山の一角である嶺頭へ至る路線。陽明山といっても観光地ではなく大型バスが多数運行されている大同之家から少し上がっただけの集落で、これといった面白味はない。
ただし一部の便に珠海路経由の一方通行で折り返すものがあり、これはかなり眺めの良い道路を通り原路線に復帰する直前細い道を通ったりするのでやや面白い(通常の便は通りから外れて住宅地の一角で折り返し同一経路を走る。珠海路経由の便はこの末端部に入らないので注意が必要)。

車両は若干古いタイプ・新しめのタイプ両方のマイクロバスが使われている。写真は新型。
>ページトップへ戻る
小8 捷運石牌站-竹子湖
バス写真
表示区間 : 捷運石牌站-竹子湖
実運行区間 : 捷運石牌站-竹子湖
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 大南汽車
收票方式 : 二段票收票
分段緩衝區 : 捷運石牌站-竹子湖
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : D
乗車済区間 : 捷運石牌站-竹子湖
 
撮影日 : 2009.9.3 捷運石牌站
この路線のポイント
お山一周
 
コメント
旧来535副線として運行されていたものが改番と同時に延伸して成立した路線。捷運石牌を起点に行義路温泉・陽明山を経由し竹子湖を一周後原路線に復帰する。延伸前の終点附近を分段點とし、小型バス路線には珍しい二段票路線となっている。
後半は小9路と同一であり、兄弟分の路線。陽明山の主要スポットを回るのでレジャーの足として使える。また夜間であれば夜景を眺めることのできる區間もある。

車両は大南の標準的なマイクロバス。
>ページトップへ戻る
小9 復興站-竹子湖
バス写真
表示区間 : 復興站-竹子湖
実運行区間 : 復興站-水尾(竹子湖)
運行距離
(起点-終点-起点)
: 32 km
運行会社 : 大南汽車
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運北投站-水尾(竹子湖)
 
撮影日 : 2005.1.16 捷運北投站
この路線のポイント
山道と景色
 
コメント
北投から陽明山国家公園の観光ポイントの一つである竹子湖を結ぶ路線。路線のほとんどが山道で結構楽しめ、花季に行くと竹子湖付近で一面の花畑を見ることができます。
>ページトップへ戻る
小10 萬芳社區-貓空
バス写真
表示区間 : 萬芳社區-貓空
実運行区間 : 萬芳社區-岐山
運行距離
(起点-終点-起点)
: 22 km
運行会社 : 東南客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : D
乗車済区間 : 捷運萬芳社區站-岐山
 
撮影日 : 2004.9.24 政大
この路線のポイント
貓空の山岳区間
 
コメント
貓空アクセス路線の一つ。レジャー路線的性格が強く、平日は休日に比べて2割ほど本数が減少します。

車両はやや古めの韓国現代製であまり乗り心地は良くなく、特に茶を飲んだ後に乗ると酔いやすいので注意。
>ページトップへ戻る
 <<上一頁 1 2 3 4 下一頁>>