市民小巴1 捷運劍潭站-風櫃嘴 市民小巴2 捷運北投站-溫泉路 市民小巴3 陽明山-新園街 市民小巴5 興光市場-捷運景美站 市民小巴6 捷運昆陽站─舊莊 市民小巴7 麟光新村-捷運市政府站 市民小巴8 洲美站-後港里 市民小巴9 大佳河濱公園-台北中興醫院 市民小巴10 麥帥新城-三民國中 市民小巴11 天母-捷運芝山站 市民小巴12 捷運芝山站-葫蘆堵 小1 中華技術學院-內溝 小1區 捷運昆陽站-內溝 小2 捷運市政府站-石崁 小5 捷運昆陽站-光明寺 小6 捷運北投-清天宮 小7 復興站-嶺腳 小8 捷運石牌站-竹子湖 小9 復興站-竹子湖 小10 萬芳社區-貓空 小11 萬芳社區-大春山莊 小12 捷運昆陽站-捷運動物園站 小14 復興站-照明寺 小15 捷運劍潭站-擎天崗 小16 捷運劍潭站-公館里 小17 捷運劍潭站-新安里 小19 捷運劍潭站-平等里 小21 北投-八仙里 小22 捷運北投站-泉源路 小23 關渡碼頭-北投國小 小25 捷運北投站-六窟 小27 捷運劍潭站-風櫃嘴 小31S31懷恩專車(公館線-1) 捷運公館站-第二殯儀館 小31S31懷恩專車(公館線-2) 捷運六張犁-第二殯儀館 小31S31懷恩專車(忠孝線) 捷運忠孝復興站-第二殯儀館 小31懷恩公車 捷運公館站-第二殯儀館
該当レコード : 36件

 <<上一頁 1 2 3 4 下一頁>>
小11 萬芳社區-大春山莊
バス写真
表示区間 : 萬芳社區-大春山莊
実運行区間 : 萬芳社區-大春山莊
運行距離
(起点-終点-起点)
: 18.5 km
運行会社 : 東南客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : E
乗車済区間 : 萬芳社區-救千宮
 
撮影日 : 2007.12.1 萬芳社區站
この路線のポイント
ちょっとだけ新店、マイナーな山奥
 
コメント
萬芳社區を起点に貓空の西側にある山へ向かう路線。途中これといったターミナルはなく、木柵地区の中でも比較的マイナーな存在。
景美女中までは他の路線と大きな違いはないが、そこを過ぎると少しだけ新店市に入り、すぐに細い脇道へ逸れて台北市に戻りどんどん山の中へ入っていく。川沿いを抜けた後の景色は貓空へ向かう途中と似ているが、より寂れた感がある。

時間帯により30分~1時間に1本程度の運行だが、平日2本・休日3本のみ救千宮まで1km程度延長運転され、大春山莊を過ぎた後スイッチバックしてさらに高い場所へ向かう。

車両は大南の標準的な古い韓国車。
>ページトップへ戻る
小12 捷運昆陽站-捷運動物園站
バス写真
バス写真
表示区間 : 捷運昆陽站-捷運動物園站
実運行区間 : 捷運昆陽站-捷運動物園站
運行距離
(起点-終点-起点)
: 27.5 km
運行会社 : 東南客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : B(2時間に1本程度)
好玩度 : A(非常好玩)
車両レベル : D
乗車済区間 : 捷運昆陽站-捷運動物園站
 
撮影日 : 2007.10.28 捷運動物園站
この路線のポイント
墓場のど真ん中を通過
 
コメント
捷運昆陽から山越えをして動物園に至る路線。同じような路線に指南客運6路があるが、こちらはほぼ最短距離で結び、かなり細い道を通るのが特徴。

最大の特徴は公営墓地(富徳公墓)の真ん中を通ることで、山肌一面に墓地が並ぶ眺めは壮観としか言いようがない。停留所名も富德公墓14區、富德公墓20區など非常に特徴的である。
元々本数が少ない路線であるうえ、途中止まりである便が多く(うち廣化天宮までのものは區間車として別路線扱いである)動物園まで抜けられるのは1日わずか3本。
台北バスファンとしては是非乗っておくべき路線の一つ。
おすすめは動物園側からの乗車。折り返し運転ではあるが、時刻は固定されているので乗車は比較的容易である。
>ページトップへ戻る
小14 復興站-照明寺
バス写真
バス写真
バス写真
表示区間 : 復興站-照明寺
実運行区間 : 復興站-照明寺
運行距離
(起点-終点-起点)
: 12 km
運行会社 : 大南汽車
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : A(1日3本以下)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : D
乗車済区間 : 致遠新村-照明寺
 
撮影日 : 2008.1.20 照明寺
この路線のポイント
マイナーさ
 
コメント
北投を起点とするミニバス路線のうち、特に本数の少ない路線で午前2本・午後1本のみ。
そのマイナーさに期待して乗ってみたのですが、あまり面白い路線ではありませんでした。


少々住宅地を走り、メイン道路を外れて坂道に入ったところまでは良かったのですが、沿道にはひたすら微妙に高級な住宅地が続き、そのまま住宅地の真ん中の何もないところが終点でした。
距離的にも片道6kmとかなり短く、あまり楽しめる路線ではありません。
おそらく沿線住民の所得からして移動にバスなど使わないのでしょう。

終点の照明寺は別名情人廟ともいい、車体横にはそちらの表記が使われています。どちらかというとそちらをメインにしたほうがお客が増えるような気がするのですが。

撮影した写真を帰ってからチェックしてみると、運転手がしっかりポーズを取っているのを発見したので載せることにしました。
>ページトップへ戻る
小15 捷運劍潭站-擎天崗
バス写真
表示区間 : 捷運劍潭站-擎天崗
実運行区間 : 捷運劍潭站-擎天崗
運行距離
(起点-終点-起点)
: 35 km
運行会社 : 首都客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運劍潭站-冷水坑遊客服務站
 
撮影日 : 2004.11.14 冷水坑遊客服務站
この路線のポイント
 
コメント
捷運劍潭站と陽明山の観光ポイントの一つである擎天崗までを結ぶ路線。路線の特性上主に陽明山観光の足として使われています。基本的には「小」が示す通りマイクロバスが使われていて、ガイドブックによると平日は20~40分に一本程度の運行で休日は半減。しかし実際には乗客の数に応じて増便されまくるのでむしろ休日の方が多い感じで、応援で大型バスが運用される場合もあります(303路用車両のアルバイト)。増便車は少し手前の冷水坑始発になる場合があるようです。
写真は応援に入った大型バス。
>ページトップへ戻る
小16 捷運劍潭站-公館里
バス写真
表示区間 : 捷運劍潭站-公館里
実運行区間 : 捷運劍潭站-蓮華山莊
運行距離
(起点-終点-起点)
: 23.6 km
運行会社 : 首都客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : A(非常好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運劍潭站-蓮華山莊
 
撮影日 : 2008.3.29 捷運劍潭站
この路線のポイント
ジェットコースター
 
コメント
捷運劍潭を起点に陽明山近辺の住宅地を結ぶ路線の一つ。同様の路線に小17がある。
仰德大道の途中から東に逸れ、公館里を一周して戻るコース。沿線には高級住宅が多く、またそのほとんどが坂道であり上へ下へまるでジェットコースターに乗っているよう。15元で90分も乗れるので遊園地へ行くより遙かにお得である。
また便によって様々な延長運転が行われ、特に休日9:50の便は3つの盲腸線と長めの延長運転区間がありおすすめである。

車両は首都の標準的なマイクロバス。
>ページトップへ戻る
小17 捷運劍潭站-新安里
バス写真
表示区間 : 捷運劍潭站-新安里
実運行区間 : 捷運劍潭站-新安里
運行距離
(起点-終点-起点)
: 23 km
運行会社 : 首都客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運劍潭站-新安里
 
撮影日 : 2008.4.26 捷運劍潭站
この路線のポイント
山の住宅地
 
コメント
捷運劍潭を起点に陽明山近辺の住宅地を結ぶ路線の一つ。
仰德大道の途中から東に逸れ、新安里を一周して戻るコース。同様の路線に小16があるが、こちらは高級住宅があまりなくやや庶民的な感じ。沿線にこれといったハイキングコースもないので客のほとんどが沿線住民のようだ。

車両は首都の標準的なマイクロバス。
>ページトップへ戻る
小19 捷運劍潭站-平等里
バス写真
表示区間 : 捷運劍潭站-平等里
実運行区間 : 捷運劍潭站-內寮
運行距離
(起点-終点-起点)
: 30.8 km
運行会社 : 首都客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運劍潭站-平等里
 
撮影日 : 2008.1.20 捷運劍潭站
この路線のポイント
山道
 
コメント
捷運劍潭站と陽明山の一角、平等里を結ぶ路線。303路の後半とかぶるが経路が違い、こちらは比較的山道を多く通る。また平等里停留所から先で進む方向が異なる。
劍潭站から乗る場合、303だと平等里まで乗った場合二段料金なのに対しこちらは一段なので小19を選んだ方がお得である。
本数は比較的多いが、一部の便は途中止まりなので注意が必要である。

車両は比較的新しいマイクロバスが使われている。
>ページトップへ戻る
小21 北投-八仙里
バス写真
バス写真
表示区間 : 北投-八仙里
実運行区間 : 復興站-下八仙土地公廟
運行距離
(起点-終点-起点)
: 18 km
運行会社 : 大南汽車
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : B(2時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : D
乗車済区間 : 復興站-下八仙土地公廟
 
撮影日 : 2008.3.15 至遠新村・復興站
この路線のポイント
農道?
 
コメント
北投の車庫を起点とする小型バス路線の一つ。終点一つ手前の大同電子までは特に変わったことはないが、そこを過ぎると細い道に入りローカル度が一気にアップする。
それでも初めはそこそこ住宅があるが、しばらくするとそれも消えて田んぼや畑の中を進むようになり、正直ここまで延ばす需要があるのか少々疑問である。
最後にもう一度路地へ折れるとまた集落があり、そこの小さな広場が終点兼折り返し場。あらかじめ知らないとそこがターミナルだとはわからない。

車両は大南の標準的なマイクロバス。
>ページトップへ戻る
小22 捷運北投站-泉源路
バス写真
表示区間 : 捷運北投站-泉源路
実運行区間 : 捷運北投站-林泉里
運行距離
(起点-終点-起点)
: 15 km
運行会社 : 大南汽車
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : D(20~30分に1本)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : C-D
乗車済区間 : 中央南路→林泉里→北投國小
 
撮影日 : 2008.3.15 復興站
この路線のポイント
コミュニティバス
 
コメント
捷運北投を起点に新北投北部の住宅地を循環する路線。路線を図にすると二つの円を直線で繋いだような面白い形をしている。
該当地区のコミュニティバスといった趣があり、乗客の多くは老人。往路は新民路を通って住宅地の終わりまで行き、泉源路を通ってすぐに折り返す。特に山奥まで行くわけではなく運行距離も短いので小型バス路線としての面白味はほとんどない。

車両は標準的な大南のマイクロバス。
>ページトップへ戻る
小23 關渡碼頭-北投國小
バス写真
表示区間 : 關渡碼頭-北投國小
実運行区間 : 關渡碼頭-北投國小
運行距離
(起点-終点-起点)
: 19.5 km
運行会社 : 大南汽車
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : C-D
乗車済区間 : 關渡宮-北投國小
 
撮影日 : 2008.3.1 關渡宮
この路線のポイント
休日午後に注意
 
コメント
關渡を起点に台北市ぎりぎりの高台にある住宅地を巡回して北投國小で折り返す路線。実質その住宅地と駅を結ぶために存在しているような路線で、そのことを反映してか住宅地内では2回Uターンしてまでこまめに回っている。
発着点は關渡宮の先にある關渡碼頭であるが、休日午後は渋滞のため關渡碼頭~關渡宮が運休となる場合があるので注意。

北投地区を走る小型バス路線はいくつもあるが、唯一車両が關渡に所属し北投が終点となっている路線である。

車両は標準的な大南のマイクロバス。
>ページトップへ戻る
 <<上一頁 1 2 3 4 下一頁>>