市民小巴1 捷運劍潭站-風櫃嘴 市民小巴2 捷運北投站-溫泉路 市民小巴3 陽明山-新園街 市民小巴5 興光市場-捷運景美站 市民小巴6 捷運昆陽站─舊莊 市民小巴7 麟光新村-捷運市政府站 市民小巴8 洲美站-後港里 市民小巴9 大佳河濱公園-台北中興醫院 市民小巴10 麥帥新城-三民國中 市民小巴11 天母-捷運芝山站 市民小巴12 捷運芝山站-葫蘆堵 小1 中華技術學院-內溝 小1區 捷運昆陽站-內溝 小2 捷運市政府站-石崁 小5 捷運昆陽站-光明寺 小6 捷運北投-清天宮 小7 復興站-嶺腳 小8 捷運石牌站-竹子湖 小9 復興站-竹子湖 小10 萬芳社區-貓空 小11 萬芳社區-大春山莊 小12 捷運昆陽站-捷運動物園站 小14 復興站-照明寺 小15 捷運劍潭站-擎天崗 小16 捷運劍潭站-公館里 小17 捷運劍潭站-新安里 小19 捷運劍潭站-平等里 小21 北投-八仙里 小22 捷運北投站-泉源路 小23 關渡碼頭-北投國小 小25 捷運北投站-六窟 小27 捷運劍潭站-風櫃嘴 小31S31懷恩專車(公館線-1) 捷運公館站-第二殯儀館 小31S31懷恩專車(公館線-2) 捷運六張犁-第二殯儀館 小31S31懷恩專車(忠孝線) 捷運忠孝復興站-第二殯儀館 小31懷恩公車 捷運公館站-第二殯儀館
該当レコード : 36件

 <<上一頁 1 2 3 4
小25 捷運北投站-六窟
バス写真
バス写真
表示区間 : 捷運北投站-六窟
実運行区間 : 捷運北投站-六窟
運行距離
(起点-終点-起点)
: 17.3 km
運行会社 : 大南汽車
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : C(1時間に1本程度)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運北投站-六窟
 
撮影日 : 2008.2.28 捷運北投站・六窟
この路線のポイント
温泉
 
コメント
捷運北投を起点に、新北投の温泉街・龍鳳谷を抜けて陽明山国家公園の一角にある六窟温泉に至る路線。まさに温泉ロード。
実は終点の六窟は花鐘から徒歩10分ほどで、陽明山観光の裏ルートとしても使える(意味があるかはともかく)。

新北投の観光ポイントをいくつも通るので観光の足として使えるが、行きと帰りで経路が大きく異なり、新北投温泉街を通るのは往路(北投→六窟方向)だけなので注意が必要。

本数は時間帯によって40~60分に一本とそこそこある。
車両は大南の標準的なマイクロバス。
>ページトップへ戻る
小27 捷運劍潭站-風櫃嘴
バス写真
表示区間 : 捷運劍潭站-風櫃嘴
実運行区間 : 捷運劍潭站-頂山
運行距離
(起点-終点-起点)
: km
運行会社 : 首都客運
收票方式 : 一段票收票
分段緩衝區 : -
マイナー度 : B(2時間に1本程度)
好玩度 : B(好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運劍潭站-頂山
 
撮影日 : 2008.1.20 頂山
この路線のポイント
マイナー+山岳路線
 
コメント
劍潭から陽明山国家公園の東端に位置する風櫃嘴を結ぶ路線。終点付近にはハイキングコースがあるがあまりメジャーではなく、利用者が少ないため本数はわずか4本。途中までは小18路と同じコースを走り普通の郊外といった感じだが、至善路を外れると急に山道に入り様子が一変する。
途中人家は少ないが、ハイキングやサイクリングの人が結構いたりするのであまり寂しい感じはしない。
普段はそれほど客が多くなく3~4人ということもある路線だが、急に天気の良くなった週末などはハイカーで大混雑して乗り切れないことがあるので、必ず始発から乗ること。

車は標準的な首都客運のマイクロバスで特に変わったことはない。

2007年末頃から導入が始まった市民小巴に組み込まれ「市民小巴1路」となったが、小27の表記はそのまま使われており、バス停の表記も小27のままと実質二重籍の路線となっている。
※よって当DBでは市民小巴1と両方に記載する
>ページトップへ戻る
小31S31懷恩專車(公館線-1) 捷運公館站-第二殯儀館
バス写真
表示区間 : 捷運公館站-第二殯儀館
実運行区間 : 捷運公館站-第二殯儀館
運行距離
(起点-終点-起点)
: 6.1 km
運行会社 : 台北客運
收票方式 : 免費
分段緩衝區 :
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運公館站-第二殯儀館
 
撮影日 : 2010.2.26 第二殯儀館
この路線のポイント
無料、意外とレアな経路、特異な行き先、復活運行
 
コメント
かつて同じく台北客運により運行されていたS31路はしばらく一般貸切業者による運行に取って代わられていたが、路線を充実して台北客運運行が復活した。
殯儀館(葬儀場)連絡シャトルバスで葬儀場が終点という特異な路線であり、小型公車路線の一部と思われるが、「小」の字は使われず全て「S」で統一されているのが面白い。

従来この区間には東南客運の緑11路が運行されていたが、本数が少なく不便であった。
無料ながら6~10分に1本という相当な頻度で運行されており、利用しやすい。
公館の2番乗り場付近を発着点とし、往路は新生南路→辛亥路二段を経由して基隆路をアンダークロスするというこの路線ならではの経路をとり、かなり新鮮感がある(そもそも辛亥路二段を通る路線は少ない)。
六張犁方面の路線と運行は一体化されており、公式サイトでの案内は双方合わせて「公館線」。第二殯儀館到着後六張犁行きとなり、公館→第二殯儀館→六張犁→第二殯儀館→公館と交互に運行されている。

車両は新型のマイクロバスが投入されており、以前見られた固定式幕はなくなった。
>ページトップへ戻る
小31S31懷恩專車(公館線-2) 捷運六張犁-第二殯儀館
バス写真
表示区間 : 捷運六張犁-第二殯儀館
実運行区間 : 捷運六張犁-第二殯儀館
運行距離
(起点-終点-起点)
: 6.1 km
運行会社 : 台北客運
收票方式 : 免費
分段緩衝區 :
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運六張犁-第二殯儀館
 
撮影日 : 2010.2.26 第二殯儀館
この路線のポイント
無料、意外とレアな経路、特異な行き先、ペア運行
 
コメント
殯儀館(葬儀場)連絡シャトルバスで葬儀場が終点という特異な路線。小型公車路線の一部と思われるが、「小」の字は使われず全て「S」で統一されているのが面白い。

従来公館方面のみであった路線が拡大され、六張犁行きが設定された。第二殯儀館→六張犁方向は辛亥路→基隆路と611などに準じたコースであるが、復路はかつて捷運代替バスがわずかな期間走行した辛亥路3段157巷を経由するのが注目ポイント。

公館方面の路線と運行は一体化されており、公式サイトでの案内は双方合わせて「公館線」。第二殯儀館到着後公館行きとなり、六張犁→第二殯儀館→公館→第二殯儀館→六張犁と交互に運行されている。

車両は新型のマイクロバスが投入されている。
>ページトップへ戻る
小31S31懷恩專車(忠孝線) 捷運忠孝復興站-第二殯儀館
バス写真
表示区間 : 捷運忠孝復興站-第二殯儀館
実運行区間 : 捷運忠孝復興站-第二殯儀館
運行距離
(起点-終点-起点)
: 8.3 km
運行会社 : 台北客運
收票方式 : 免費
分段緩衝區 :
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : D(不太好玩)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運忠孝復興站-第二殯儀館
 
撮影日 : 2010.2.26 第二殯儀館
この路線のポイント
無料、特異な行き先
 
コメント
殯儀館(葬儀場)連絡シャトルバスで葬儀場が終点という特異な路線。小型公車路線の一部と思われるが、「小」の字は使われず全て「S」で統一されているのが面白い。

従来公館方面のみであった路線が拡大され、六張犁行きと共に忠孝復興行きが設定された。経路は辛亥路→復興南路と面白味はないが運行距離は最長。途中科技大樓にも停車する。
忠孝復興到着後一旦運行終了となり、休憩後次の運行に入る。この関係上、乗下車地点が異なるので注意(乗車は2番出口前)。

車両は新型のマイクロバスが投入されている。
>ページトップへ戻る
小31懷恩公車 捷運公館站-第二殯儀館
バス写真
バス写真
表示区間 : 捷運公館站-第二殯儀館
実運行区間 : 捷運公館站-第二殯儀館
運行距離
(起点-終点-起点)
: 7.8 km
運行会社 : 台北客運
收票方式 : 免費
分段緩衝區 :
マイナー度 : E(15分に1本以上)
好玩度 : C(還好)
車両レベル : C
乗車済区間 : 捷運公館站-第二殯儀館
 
撮影日 : 2008.1.5 第二殯儀館・捷運公館站
この路線のポイント
無料、意外とレアな経路、特異な行き先
 
コメント
2007/12/16より運行を始めた殯儀館(葬儀場)連絡シャトルバス。葬儀場が終点という特異な路線であり、また三ヶ月間限定ながら試用期間ということで無料運行されていることも特筆される。
小型公車路線の一部と思われるが、「小」の字は使われず全て「S」で統一されているのが面白い。

従来この区間には東南客運の緑11路が運行されていたが、本数が少なく不便であった。
無料ながら6~10分に1本という相当な頻度で運行されており、利用しやすい。
公館の2番乗り場付近を発着点とし、往路は新生南路→辛亥路二段を経由して基隆路をアンダークロスするというこの路線ならではの経路をとり、かなり新鮮感がある(そもそも辛亥路二段を通る路線は少ない)。
復路は基隆路経由で公館に戻る。

車両は全車首都客運から転属してきたマイクロバスが使われているが、状態は比較的良い。運転手の肉声による案内も行われている。
>ページトップへ戻る
 <<上一頁 1 2 3 4